072018-05

JEDAで「ChainBow.io - 次世代のスマートウォレットソリューション」初披露

新たに発足した一般社団法人JEDA(Japan EOS Developer Association)による主催で、2018年5月8日に東京大学本郷キャンパスでEOS大型ミートアップ開催。COIN OTAKUの共同創業者である酒井和は ChainBow.ioプロジェクトについて紹介した。

ChainBow

ChainBow.ioは、次世代の暗号通貨スマートウォレットソリューションで、今年の3月からスタートした新しいプロジェクトである。ChainBow.ioのビジョンとして一番に掲げているのは「Smart Contract for Everyone」というものであるとした上で、EOSのエコシステムを大いに助けるものであると説明した。

ChainBow

以下のように、資産運用・ペイメント・スマートコントラクトの3つの機能が挙げられた。

ChainBow

開発が進んでいるEOSウォレットの特徴について、4点を列挙した。やはりここでも、手数料無料であることや昨今話題となっているセキュリティの強固さが強調された。

ChainBow

酒井はマウントゴックスやコインチェックに限らず、世界では日々ハッキングが行われていることに言及し、セキュリティ対策の重要性を訴えた。またChainBow.ioウォレットの特徴として、利用者自らスマートコントラクトをコントロールできるという画期的な機能を紹介した。


Youtubeに掲載したChainBow.ioの発表内容:

ChainBow

JEDA記事のリンク: http://www.eosjapan.info/?p=271

COIN OTAKU記事のリンク: https://coin-otaku.com/topic/18001#CHAINBOWIO